テーマ:韓国

北朝鮮を取り込め

北朝鮮を取り込め 中国と韓国の横暴を封じ込めるための手段として、北朝鮮を取り込む ことが有効であると思われる。 朝鮮民族に固有の嗜癖を考えれば、そう結論付けざるを得ない。 朝鮮人は中国に対して親近感を持っていると日本では思われているが、 歴史的に彼らは中国に対する敵対意識を持ち続けているのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕が親日になった理由

☆ 書評 ☆ 「僕が親日になった理由」 Kim Jin 著 夏目書房 この本にいわく、 日本人だけが他と違う。 アジア人とも西洋人ともちがっている、のだそうな。 その典型的な例証として、友人と外食しようとするとき、日本人は 相手に対して「なにが食べたいか」と聞く。 だが、韓国人も他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮と中国

韓国再発見 アサヒグラフ文庫 あ 4 25 定価720円。  古本屋にて100円でGET。 民族世界地図 浅井信雄 著 新潮文庫 あ 40 1 362円。  これも、古本屋にて100円でGET。  この本のなかで、旧満州の中国内朝鮮人のことについてひとこと。  本のなかでは、日本による朝鮮の農地接収による貧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・韓国に儒教なし

朝鮮に儒教なし これまで朝鮮に関する本を読んできて思ったこと であるが、朝鮮には儒教がない、あるいは、儒教 を曲解しているようである。 朝鮮人は自分達のことを「東方礼儀の国」と自画 自賛するけれども、なるほど儀礼は厳しいかもし れないが、「仁」に欠けるのではないだろうか。 孔子はいう。 仁のない儀礼は礼にあらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の儒教、日本の儒教

韓国の儒教  韓国人はよく威張る、のだそうな。  「韓国人の客はキライ。威張り散らすんだもの」  日本に留学してレストランでバイトをしている韓国人女学生の声。  なぜに、こんなに威張るのか。  儒教の影響だというのである。  一瞬、ああそうか、と思ってしまうのが日本人特有の素直馬鹿というもの  だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリと和と

韓国の「ウリ」 と日本の「和」  韓国民に告ぐ!   金文学 金明学 著 祥伝社 黄金文庫 289  読了しました。  「知日派の為の弁明」よりも古い本ではあるが、それ以上に過激な韓国  批判となっている。  そのなかで、面白い話をひとつ。  韓国人の少なからぬ人々は、韓国のほうが日本よりも大きいと錯覚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗脳とは言論の自由がないこと

思想統制による洗脳  少し旧聞になるが、韓国が日韓関係について書かれた本を「有害指  定図書」にしたそうな。  なるほど、やはり韓国は言論の自由のない、思想統制の国家であった  のか。  そういえば、中国もまた、それ以上に自由な言論の許されない国である。  中国・韓国に対して、台湾の言論は、日本支配時代の批判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国人気質

韓国人気質   韓国人が日本に対して「謝れ」だの「過去を忘れるな」だのと   いうたびに、日本人の韓国に対する好感度は減っていく。   しかし、それは、韓国人からの謝罪要求などというものに対して、   我々日本人のほうが過敏に反応しているだけなのではなかろうか?   というのは、もしも韓国人と日本人の立場が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足を踏んだ者は

足を踏んだ者は  足を踏まれた者は踏まれたことを忘れないが、足を踏んだ者は 踏んだことをすぐ忘れる。  韓国問題を論じるとき、必ず出てくる言葉のひとつである。  しかし、ここに、もうひとつ付け加えねばなるまい。  足を踏まれた者は踏まれたことを訴えるが、自分が他人の足を 踏んでいることには気づかない、と。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヴァイアサンからみた日本と中国・韓国

リヴァイアサンから見る 日本と中韓との関係  第十一章 「マナーズ(態度)の相違」に曰く 【引用】  自分が対等であると思っている相手から、こちらが報いることができる以上に大きな恩赦を受けたばあい、私たちはにせの愛、いや実際には、ひそかな憎悪をいだきがちである。 (中略)  もはやけっして会うことのない場所に債権者がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more