選挙は何を基準に投票すべきものか


【投票する基準】

 選挙において、何を第一として投票するべきか。

 それは、どの政党に政党内民主主義があるかどうか、すなわち、
 その政党内部において、言論の自由がどれほど許されているか
 ということでなければならない。

 マニフェストも政策の実現も、金と政治の問題も、党内に発言
 の自由がありさえすれば、自浄作用が働くからである。

 逆にもし、党内に言論の自由が無かったならば、たとえ世論が
 どのように政権与党を批判しようとも、党首脳の可決したい法
 案を強行採決できることになる。選挙でより多くの議席を得れ
 ば得るほど、独裁的に振舞える。

 代表制民主主義である以上、次の選挙までの間、政権与党に多
 くの権限が託される。これを掣肘できるのは、政権与党内部の
 民主的勢力だけとなる。

 政党内民主主義こそが、民主主義国家の最重要要件なのである。