基地は沖縄の為にある

【沖縄自身にとって必要な米軍】

 軍事的・地理的に沖縄に基地が必要だということは、逆に言えば、
 沖縄自身にとって米軍が必要だということでもある。

 すなわち、もしも米軍も自衛隊も完全撤退したならば、国外の勢力
 による沖縄侵食が必ず起こるということである。

 重要な地点であるがゆえに、放置されるということはないのだ。

 例えば、中国の調査船が頻繁にやってくるようになるだろう。密漁船
 も跋扈しよう。離島に海賊が住み着くやもしれない。そういう事態に
 なりかねないのだ。

 沖縄は、地理的・軍事的に見て、重要な所である。ゆえに、どこかの
 軍事力がここを抑えることなしに、安住の地とはならない。

 そして、どの軍事力を迎えるかということを考えたとき、米軍と自衛隊
 以上にマシな勢力は無い。

 米軍を追い出せば平穏になるというのは幻想であり、もしもそうなれば、
 中国・ロシア・北朝鮮・台湾・海賊等々による騒がしき日々が到来する
 ことになろう。

 なぜがこんなにも多くの基地が沖縄にあらねばならないか?と感情的に
 人々は叫んでいる。 不当である、日本政府の押し付けであると。

 そうではない。沖縄自身の地理的・軍事的な位置ゆえに、そうなっている
 のである。日本のせいではなく、沖縄自身の持って生まれた運命である。

 沖縄自身が巨大な軍事力を持つのでない限り、米軍の駐留は最善の手段で
 ある。