マニフェスト 政党内民主主義の確立 2


【 民主主義とはなにか 】

 そもそも、民主主義とは何でしょうか?

 国民主権のことである。国民が主権者だということである。とよく言わ
 れるけれど、では、主権者たる要件とはなんでしょう?

 第一に、自由な発言が出来ること。発言権のない王様は傀儡と呼ばれる
 ことでも分かるように、国民が自由に発言できない状況は民主主義では
 ありません。

 ゆえに、民主主義と自由主義は常にセットなのです。

 もうひとつの要件は、決定権があることですが、これはかなり難しい。
 現実問題として、すべての案件を国民投票にするという訳にはいかない
 からです。

 ゆえに、選挙というものがある。政治家を投票で選んで、決定権を行使
 してもらうことにならざるを得ない。

 政党内民主主義とは、政治家の集まりである政党の内部に、国民が自由
 に意見を述べ討論できる場を設け、これによって国民の声を政治的決定
 に反映させる為のものです。

 これあってこそ、国民の声と、政治的決定とが乖離せずにすむ。

 あなたが何か政治に望むことがあったとき、直接、国家・国民に訴える
 方法があるでしょうか? その意見がマトモに検証されることを期待で
 きるでしょうか?

 しかしそれを、政党に持っていけばどうでしょう?

 そしてその政党が、真摯に検討し、反論や調査をしてくれたとしたら。
 また、貴方自身が政党内の討論に参加して意見を述べる機会を得ること
 ができたなら。

 もはや、政党が勝手に国を動かしている、などとは思いますまい。

 いや、そんな面倒なことはしたくない。と思われる方も多いでしょう。
 が、心配ご無用。

 一般国民の提言に対してさえ、そのような態度を取る政党であれば、当
 然、一般的でない識者・専門家・現場の人等の声を聞かないはずはない。
 そういう政党になら、有識者達も積極的にコミットするだろう。

 そうなれば、一般国民が提言することなど、ほとんどなくなる。

 しかし、一般国民の提言でさえも真剣に見当される政党でなければ、有
 識者達もまた、発言しないし、したとしても政党内部で検討されること
 は無いのです。

 誰もが自由な発言をできること、政党内民主主義の第一義であります。