漫画嫌日論を読んだ


千円以下なら買おうと思って本を手にとってみたら、ちょうど千円
だったので、買うことになってしまった。

【感想】

この本によると、「日本人は、日本政府に洗脳されて黙々と従う馬鹿」
なのだそうな。韓国人は、「韓国政府に洗脳されるような馬鹿ではない」
のだそうな。

また、日本政府は、常に軍国主義を目指して陰謀を働いているのだそうな。
(もっとも、その根拠がどこにあるのか、よく分らなかったが。。。だから
日本人は馬鹿なのだ、と言うのだろうか?)

う~ん、洗脳されている人間には、されていない人間のほうが洗脳されている
ように見えるものらしい。と、こんなことを言っても、逆に、「お前達のほう
が洗脳されているからそう思うのだ」とか言い返されるのであろうけれども。

もしかすると、本当にそうなのかもしれない ?( °O °;)?

と、「馬鹿な日本人」の私などは思ってしまう訳です。

「賢い韓国人」の皆さんは、決してそんな疑念は持たないのでしょう。


The whole problem with the world is that
fools and fanatics are always so certain
of themselves , but wiser people so full
of doubts.

「この世についてのあらゆる問題は、愚か者や狂信者はいつも自身満々だが、
賢い人達は疑念だらけで自信がないという点にある」

バートランド・ラッセル

だが、どっちが洗脳されているのかを、簡便に実証する方法はある。それは、
言論の自由が許されているかどうかということである。日韓の問題について、
それぞれ立場や認識を異にする意見が、発言の機会を与えられているかどうか、
また、相手の発言する権利が侵害された場合、敵味方を超えて妨害者を攻撃
するという了解が双方にあるのか、という点を見ればよい。

たとえば日本において、「レイプオブ南京」を有害指定図書にしたり発禁処分
にする、と日本政府がしようとすれば、日本の全マスコミは一斉に日本政府を
攻撃するであろう。産経新聞のような韓国人からみれば右翼に見える新聞社で
あっても、この政府非難に参加するであろう。

I disapprove of what you say,but I will defend to
the death your right to say it.

「君の意見に賛成はしないが、君のそう発言する権利は死んでも擁護しよう」

ヴォルテール

これこそが、言論の自由の根源であり、これを死守することを放棄したならば
たとえ自分が発言する権利を持っていたとしても、すでに言論の自由は死んで
いるのである。言論の自由とは、自分の意見が言えるということだけでは成立
しない。自分が嫌う意見を言う相手であっても、彼の発する機会が否定される
ことを許さない、という意志と行動があってこそ成り立つものである。

もしも、自分が腹立たしく思う意見が政府によって封殺されることを見過ごせば、
異なった意見を聞く機会を貴方は失うことになる。政府は、貴方がこのみそうな
情報をのみ与え、貴方の思考が停止するように仕向けることができるようになる。

このようにして、貴方の好みと、政府の思惑が一致したとき、それを洗脳と呼ぶ。

韓国人は、洗脳などされてはいない、自分達はそんなに馬鹿じゃない、と言う。

なるほど、北朝鮮ほどの洗脳はされてはいまい。国民を全人格的に洗脳するには
韓国に流通する情報量は多過ぎる。だが、テーマを絞って行なえば、それは可能
となる。それが日韓関係である。日本に関する問題については都合の悪い意見を
言論封殺し、その他の分野においては「言論の自由」を与えておく。こうしてお
けば、韓国人は自分が洗脳されていることに氣付くことさえできない。

韓国人は「戦ってきたから」日韓の歴史もよく知っているのだ、と言うセリフが
何度も登場するが、それは結局、「釈迦の手のひらの上の孫悟空」にすぎない。

真の言論の自由、すなわち、貴方が嫌う意見が流布される自由を貴方が守る、それ
なくして洗脳社会からのがれるすべはない。貴方にとって耳に心地よい言葉は、
政府にとっても都合のよいイデオローグなのだから。

もはや言うまでもないことだが、韓国においては、日韓関係のあらゆる分野に
おいてかかる言論封殺が行なわれている。それに対して、韓国人はいったい、
どれほど「戦った」というのだろうか。それどころか、政府の封殺政策に
便乗して、気に入らない著述家を攻撃してきた。言論の自由というものを、
全く理解していないではないか。

なにが、戦ってきただ、そんなものを戦いだというのであれば、ナチス党員の
暴力行為もまた「栄光ある戦いの歴史」だと言わねばならなくなる。

真に戦うべき相手は、「貴方の敵」の口を封じようとする勢力である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0