テーマ:選挙

小政党における言論の自由

 【小政党に言論の自由はあるか】  小政党とは、小さな政党を言うのではない。  労働者の党とか、女性の為の党とか、スポーツ平和党とか、  サラリーマン新党とか、特定の集団の利益を代表する政党  を小政党という。  言論の自由とは、反対者の言論の自由を守りあうことである。  となれば、これら小政党の内部にお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言論の自由 その新常識

【新たに加えるべき観念】  言論の自由を尊重すべきとする人は多い。  だが、言論の自由を享受するには資格が必要であるということ  を理解している人は多くないのではないか。  資格と言うと、そのことに関しての知識があるとか、経験があ  るとかいうことのことだと思ってしまう人もまた同様である。  言論の自由を行使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反対者の自由を守れ

【反対者の発言する自由】  言論の自由とは、自分の意見に反対する者の言論の自由を  擁護することである。  逆に相手もまた、こちらの反論する自由を保障する。  そして、それが守れない人間は、言論の自由を持つ資格が  無い者であるとして、放逐されねばならないということで  ある。  自由主義とは、自由主義を否…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言論の自由に必要なもの

【言論の自由に必要なもの】  大衆に自由な言論を許せば、好き勝手なことを言い出す。  いわゆる「場荒れする」ことになる。という人は多い。  たとえば「2ちゃんねる」を見よ、と。  しかし私に言わせれば、あのような場所は、真に自由な  討論の場であろうか?  もっといえば、そもそも自由な言論の場とはどのような …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よい政治の為にこそ言論の自由が必要

 【良い政治の為に必要なもの】  古今東西、名君のすることは決まっている。  広く意見や知識や新規珍奇な文物を求め、新しき制度を導入  し、誤りあればすばやく修正する。  新しき物事を見出すのも、体制や政策に誤りを発見するのも、  人々からの意見聴取にある。  すなわち、言論の自由あってこその良い政治であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よい政治とは何か

 【良い政治とはなにか】  良い政治とは、住みやすい世の中を作ることである。  単に経済的に楽だとか、娯楽にあふれているだとかだけではなくて、  人として生きがいのある社会、誇りを持って生きられる社会を作る。  同時に、余暇や安らぎも保たれねばならない。  それらがバランスを保って、よりよき世界を目指す行為。それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常にして簡単

 我々の議論は、つまるところどのようにすればより良い政治が  実現するのか、ということにつきる。  それに対する私の答は、極めて単純で簡単なのもだ。  しかしながら、同時に今の世の中(西暦2011年の地球)の  常識とは著しく異なっている。  簡単ではあるが常識と異なる。それはほとんど理解し難いという  こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林よしのり VS 司馬遼太郎

【対米開戦について】  対米開戦は国民多数の意思であったと小林よしのり氏は言う。  一方、司馬遼太郎氏は、対米開戦が暴論であることはマトモな大人  なら誰でも分かっていた、と言う。  はたしてどちらが正しいのか?   小林よしのりは、ただの妄言家なのか。     司馬遼太郎は、自身の周りのマトモな人しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危うし!鳩山首相

【待ち構える自民党の罠】  鳩山首相が誕生することを、自民党は心待ちしているであろう。  新政権が誕生し、大臣のイスを手に入れた”成金代議士”たちが  おごりをみせたころ、「そろそろ狩ろうか?」と動き出すはずだ。  死人献金問題も、秘書賄賂問題も、解決した訳ではない。  小沢氏の辞任と、衆議院選挙のゴタゴタによ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主主義が自殺した日

【8月30日という祈念日】  「よく見ておくがいい! 民主主義の自殺とはどういうものかを!」  2009年8月30日という日は、日本の民主主義が自殺した日として  記憶されることになるだろう。  国民の審判に従うのが民主主義なのだから、問題ないのではないか?  しかり、国民は決断したのである。民主主義でない政党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙とは政党の民主主義を問う行為

【マニフェストに意味は無い】  ロシアのような国の”選挙”は別にして、民主主義の国における  選挙とは、各政党や候補者の「民主度」を問う行為でなければな  らない。  すなわち、自分が選ぶ政党(もしくは候補)が、権力を得た後も、  よく国民の意見を聞き、自説を検討し、改めるべきは改めること  ができるかどうかとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト雑多1 全道路有料化

【 雑多なもの 】  年金だの消費税だの、高速道路無料化だの、そういうものは、雑多な  ものとして取り扱ってよい。  なぜならば、そんな問題は、実際に着手してみなければ本当のところ  は誰にもわかるものではないからだ。  そのようなものを、マニフェストの代表のように取り扱っている他の  政党や、マスコミの対応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト雑多2 沖ノ鳥島に百万人都市を作る

【沖ノ鳥島に海上都市を建設する】  日本最南端の島である、沖ノ鳥島の環礁を包囲する形で、人工地を  造成し、100万人都市の建設を目指す。  人工基盤であっても、百万人もの人間が住む都市ともなれば、領土  としての既成事実が出来上がる。そのような多数の人命を保護する  為には、国土に順ずる防衛・経済上の権利があらね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 医療

【 一人頭の医者の数に何の意味がある? 】  医者が極度に不足している離島や田舎ならばともかく、先進国同士  の比較において、国民当たりの医者の数には意味がない。  某国では日本の二倍近いとかいうが、それはつまりその国では、医者  の給料が日本の半分であるか、もしくは、国民の負担が日本の倍であ  るということを意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 経済

 【 就職希望者の全員雇用 】  就職を希望する全員を、国家公務員として雇用する。  そのうえで、企業に対して労働派遣を行う。  これほど確かな雇用対策は他にあるまい。  生活保護申請者に対してもまた、国家公務員として雇用すること  によって生活を支援し、かつ、就労を可能にすることができる。  貧困老齢者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 外交問題

【 対等な日米関係って? 】  子供と大人が、すべてにおいて同じことをする権利を持つべきだ  という人は多くはあるまい。  同様に、国際社会において、軍事プレゼンスを持つ国と、そうで  ない国とでは、決して対等ではありえない。  もし両者が全く対等に扱われるべきだとしたら、軍事費をより多  く支払っている国の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 国防問題

【 文明をよりどころとして勝つ 】  そもそも、戦争は政治の延長であり、戦争以前に政治決着  させることを理想とする。  が、国防は相手の意図に対してするものではなく、相手の  戦力に対して成されるべきものである。ゆえに、軍備のこ  とを語らぬ訳にはいかない。   【日本が頼るべきは、文明力しかない】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 政党内民主主義の確立 4

【 国民の声を聞く 】  「国民の声を聞く政治をします」と言う政党は多いけれども、政治に  おいて国民の声を聞くとはどういうことを言うのであろうか?  マスコミやアンケートの言うことを鵜呑みにすることが、国民の声を  聞くということなのだろうか?だとすれば、それは煽動政治そのもの  であろう。  では、持ち込まれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 政党内民主主義の確立 3

【 政党内民主主義を確立します 】  政党内民主主義を確立することを、公約します。  具体的には、インターネット等の電子掲示板を使うことになる。  すべての政治問題について掲示板を作り、自由な意見交換の場とする。  ただし、現実の政治に反映させる為のものなのであるから、一般のもの  とは違った配慮が必要となる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 政党内民主主義の確立 2

【 民主主義とはなにか 】  そもそも、民主主義とは何でしょうか?  国民主権のことである。国民が主権者だということである。とよく言わ  れるけれど、では、主権者たる要件とはなんでしょう?  第一に、自由な発言が出来ること。発言権のない王様は傀儡と呼ばれる  ことでも分かるように、国民が自由に発言できない状況は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 政党内民主主義の確立 1

【 一番大事な約束 】  民主主義にとって何が一番大事かというと、それは政党内民主主義です。  各政党が、自分達の政党内民主主義こそが一番優れているのだ、と主張  し、マスコミはそれを見極める為の情報を報道し、有権者はこれを一番  大事な要件として投票する政党を決める。  このようにして選ばれた政党であれば、どこが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マニフェスト 赤字国債を大量発行します!

【 赤字国債を発行します! 】  将来において、多大な利益・貢献をするであろう技術やシステムの  開発の為には、赤字国債を大量に発行しても構わない。  否、その技術開発の結果、利益を得るのは将来の国民であるのだから、  負担をするのは、当然のことであります。  赤字国債 = 悪 ではないのです。  赤字国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

せんたく について

せんたく 「なにを言っているのかサッパリわかりませんねぇ」というセリフ を思い出してしまった。 だから、マスコミも参加者も国民も、自分勝手な希望的観測を 込めた認識をしようとしている。 名は体を表す。 オヤジギャグのような名前の団体は、酩酊 行動しかできないのではあるまいか。 【マニフェスト選挙のウソ】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ねじれ国会を今すぐ解決する方法

 ねじれ国会を解決する方法を思いついてしまった。  それは、テロによる国会議員の大量殺戮である。衆議院でも参議院でも  どっちでもよい。大量の国会議員を殺害すればそれでこの問題は解決し  てしまう。  テロリストにとって、今ほど好都合な時期はないのだ。  国会議員諸氏は、今、自分たちがテロの標的になっているのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院の任期は二年が適当

【 参議院の任期を二年に 】  解散がない参議院の任期が6年という長期間であることは、制度上の欠陥  であるといわざるを得ない。  2007年の参議院選挙のように、集団ヒステリーによって得た議席が、  「民意」であるとして六年間も放置されるのである。こんなことが良い  ことだとは、とうてい言えまい。  参議院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大阪府知事選挙 もし候補者ならば

【具体的でありながら、融通無碍な政策】  【インターネットで教育を】  たとえば、大学入試用数学問題 1000問について、一問あたり  10ページぐらいを割いて詳細な解説を作り、これをネットで公開  する。  参考書を作る場合の最大のジレンマは、問題数と解説に割くページ  数との兼ね合いである。できるだけ詳し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プープル主権とナシオン主権

選挙公約について、絶対厳守をいうひとと、当選後考えを変えることがあるのは 当然というひととがある。どちらが正しいのであろうか。 実は、どちらが正しいとかいう問題ではなく、また、主義の問題でもない。代議 制民主主義にプープル主権とナシオン主権の別あることを知らないだけである。 代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

参議院の任期を四年にせよ

【 参議院が暴走している 】  参議院は本来、衆議院の暴走を止めることをその使命として  いたはずであるが、現在では参議院こそが暴走している。  衆議院には解散という、暴走に対するもうひとつの制御手段  があるが、参議院にはそれがない。また、任期が六年という  長大な期間であることが問題の源となっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コモンセンスこそ大事

大阪府知事選挙   コメディアンの言を真摯に受け止めることができて、元官僚らインテリの言に噴き  出してしまうのはなぜだろう。  彼らが難しいことをいうほどに、彼らの顔が見えなくなる。血の通った人間ではな  いかのように思えてくる。それはまた、コモンセンスからの乖離でもあるだろう。  知事のような独裁色の強い役…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この程度のマスコミにはこの程度の政治

マスコミの責任 ・「この程度の国民には」論 この程度の国民にはこの程度の政治 この程度の国民にはこの程度の政治、という言葉はいいふるされている。が、 では、国民の程度は、どのようにすればあがるのであろうか。また、誰にその責 責があるのであろうか。教育制度か、学校か、教師か、あるいは本人にか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more