テーマ:中国

ファシスト政権の面目躍如:宮内庁長官辞任要求

【小沢氏の「私論:民主主義」がファシズムである証明】  ファシストに中身は無い。「自分達こそ真の~である」と主張し、  それに反論しようとする者達を強圧的に排除する思想こそがファシズム  というものの本体だからである。  小沢一郎氏は、宮内庁長官が、辞職もせずに意義発信することは、  民主主義に反すると言う。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が消費大国となるとき

【かつて日米貿易摩擦が言われたころ】  日本とアメリカの、一人頭のGNPが同じであれば、人口が日本の  二倍であるアメリカは、常に貿易赤字となる。  日本からはアメリカに対して、二台の車を売れるが、  アメリカからは日本に対して、一台の車しか売れないがゆえに。  この理屈でいうと、中国は10台の車を輸入し、一台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコニコ動画にすごい映像がある

ヤラセ募金 【寄付金の無限ループ】 ニコニコ動画>政治>「四川が大変だ!さあみんなも募金しよう」 という映像はすごい。 募金されたお金を、抜き取って、新たに集められた学生達に 配り、再度、募金箱に入れさせている。その様子を撮影して いる模様を、ビルの上らしき場所から隠し撮りしたもの。 最後は、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対米重視か対中重視か

【戦争の真因】 アメリカとの戦争は、欧米による経済封鎖に対する反撃として行なわれたが、 その経済封鎖は、日本の中国への侵略にたいする懲罰として行なわれた。 では、日本の中国への侵略はなにゆえに行なわれたのか。 確かに軍部の独走というものはあった。また、それを止めることができない 政治的欠陥構造が明治以来(私の説では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国対策

中国恐れるに足らず。 とはいうものの対策は必要である。 「近交遠攻」は外交の基本中の基本。 中国の周辺国を援助し、これを強大化することによって中国 を押さえつけることができる。 具体的には、まずは中国向けODAの全額をベトナムへ振り向ける。 ベトナムと中国は古代より仇敵である。 モンゴルにも一層の援助が必…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国問題

中国が現在のような「徳」のない政治を続けるかぎりは、 なにも恐れることはない。不徳の国に未来はないのだから。 アメリカの傲慢化を懸念する声が強いようだが、しかしでは、 アメリカ以上に「徳治」に近い考えかたをしている国が他に あるだろうか。 せいぜい、日本ぐらいであろうが、日本にはそれを力押し する意志も能力もない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中友好のために

【日中友好のために】 言論の自由こそが第一義である。 日中友好のために、もっとも必要なことは、言論の自由を中国の国民に与えることである。言論の自由がねければ、いかなる友好的行為も中国政府の見解によって無視されたり、場合によっては反中国的行為だとみなされるからである。 日中友好を口にする者は、左翼であれ右翼であれ、自民党で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

靖国問題への「思いやり」

「思いやり」について  中国・韓国との問題について、「相手をもっと思いやることが必要」とテレビに出て来る識者諸氏はおっしゃるのだが、はたして彼らは「思いやる」ということと「甘やかす」とか「エコヒイキする」とかいうこととの区別がついているのであろうか。  なるほど「思いやり」は大切である。しかし、思いやりというものは、中庸を得…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リヴァイアサンからみた日本と中国・韓国

リヴァイアサンから見る 日本と中韓との関係  第十一章 「マナーズ(態度)の相違」に曰く 【引用】  自分が対等であると思っている相手から、こちらが報いることができる以上に大きな恩赦を受けたばあい、私たちはにせの愛、いや実際には、ひそかな憎悪をいだきがちである。 (中略)  もはやけっして会うことのない場所に債権者がい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「全体主義・中国」の恐怖

【全体主義・中国の恐怖】  全人代において、中国政府に汚職が蔓延していることが報告された。そんなことは誰でも以前からよく知っていることであったけれども。しかし、汚職が頻繁に起こっているということは実はたいした問題ではない。  本当の恐怖は、そのような多くの汚職があるにも関わらず、その摘発によって社会的混乱が起こっていないとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反省すべき中国重視

【反省すべき中国重視】  「アジア各国の自主独立」という理想には、間違いはない。はずであるが、本当にそうだろうか? 自分自身の自主独立や繁栄のほうをまず優先させるべきではないのだろうか。つまり現実優先の政策こそ、最も大事なものではないのだろうか。  理想は理想として、実際の決断は、常に現実的な利害関係から行なわれなければなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

翻訳掲示板を

【中国・韓国との友好関係増進に関する提案】 国会議員同士によるサッカーの親善試合で友好が増すというのは、確かにマンガチックな期待ではある。とはいうものの、意外にそんな一見低俗なところから友好は始まるのかもしれないが。 【翻訳掲示板ソフトの開発を】 韓国語と日本語の翻訳掲示板というものがある。例えば、「エンジョイコリア」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more