テーマ:外交

政策金利を2%以上にせよ

【最大のJAPAINはゼロ金利でしょう】 なにが問題か、と言って、ゼロ金利政策ほどの問題は 他に無い。 ゆえに、JAPAIN退治の第一歩は、政策金利を2%以上 にすることだ。 さて、そうすると困るのは誰か。 円キャリーを弄んでいる外国こそが困る結果となる。 しかし、ゼロ金利を止めることに反対する正当性は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ないない尽くしのネット右翼

【ないない尽くしのネット右翼】 そもそも、ネット右翼など無い、というのがネットの常識。 あれは、左翼ファシズムによる言論弾圧が、ネットの中では 通用しないことにいらだった、ファシスト達が、相手を卑しめる ために作った、レッテルにすぎないのだから。 テレビや新聞では、チベットを応援するために長野へ行こう、 とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交交渉は生放送で

【 生放送だけが真実だ 】 言論の自由を実行するには、韓国も中国もその他のアジア・アフリカの国も 残念ながら未熟にすぎる。 欧米諸国といえどもまた、人種偏見やステレオタイプゆえに、言論の自由は あれども情報の共有化ができているとは言い難い。 ようするに、世界はいまだ誤解と曲解と情報不足の中にある。 さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右翼も左翼も感情的反米主義者にすぎない

【 日本の右翼と左翼 】  フランス革命時の、急進改革派を左翼、斬新改革派を  右翼、と呼ぶ、本来の言葉の意味ではなく、現代の日  本において使われる場合の、この言葉の意味について  考えてみる。 【 反米という共通点 】  右翼も左翼も、結局その意味するものは、”反米”で  しかない。  両者の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄中に監視カメラを

【 実効性のある方策が必要 】 この問題が起こるたびに、政府も米軍も、綱紀粛正うんぬんと 言う。だが、実効性のある方策がとられた例はない。 逆に、米兵の「外出禁止令」によって、表面的には反省の態度 を取りながら、実質的には 「そんなに騒ぐのなら、沖縄に金を落とさないようにしてやるぞ」 という威…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北方領土返還後のロシア人の処遇

【日本国憲法による権利を彼らに】 北方領土が返還された場合、四島の住人がそこに住み続けることを 希望するならば、日本国憲法と日本の法律に則った処遇を受けること になる、ということを、北方領土の住民に知らせることこそが肝要である。 日本領になれば、日本の法の下の平等が保障される。 日本国籍をとることも、ロシア国籍…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マラソン を 冬季オリンピックで

冬のオリンピックの競技を増やそう 【 マラソンを冬季オリンピックにも 】 日本では、マラソンは冬にするもの。 だったら、冬の大会にもマラソンしようぜ、と呼びかけるべし。 そのほかの競技、そうだ、サッカーもラグビーも野球も、冬の 競技にとりいれよう。 そうそう、最近では、水泳とは温水プールでするものな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージを変えるということ

 イメージを変える 第二次世界大戦における日本軍の規律の乱れは、日露戦争において我軍が示した 高い規律の国という世界的評価を決定的に破壊してしまった。 従軍慰安婦だの、南京大虐殺だのを持ち出すまでもなく、帝国軍人がアジアの各 地で大小の非道をなしたということは、だれしもが否定しない事実である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核問題が小で、拉致問題が大

【核問題が小であり、拉致問題が大である】 マスコミや野党は、核問題が大であり、拉致問題が小であるかの ように論じ、いまにも「大の虫を生かす為に小の虫をみすてよ」 と言いたげであるが、それは事の大小を見誤った俗物的発想である。 拉致問題は、単なる犯罪行為ではない。北朝鮮という国家による 日本国民に対する加害行為であり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

核武装は寄付金で

核武装は寄付金で 核武装について  この問題は、百の議論よりも、ひとつの行動が肝要である。  日本はその気になれば、すぐにでも核武装可能であるという意見も あるが、そうではなくて、もっと時間もかかるし、技術も不足していると いう見解もある。  だから、核武装を良しとする立場の人々は、議論なんぞしていない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス政治の変容

フランス政治の変容 「フランス政治の変容」 ルネ・レモン まだ、2/3ぐらいしか読んでいないが、フランスでも日本と似た状況に なっていること、つまり右翼か左翼かで争うことは無意味なことになり つつあり、同時に、政治家や政党に対する信頼が激減している。 私には、それに対する処方「政党内民主主義の確…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・韓国・北朝鮮の国民感情

中国・韓国・北朝鮮の「国民感情」 言論統制された国の「国民感情を考慮する」というのは、ナンセンス以外のなにもの でもないだろう。 言論の自由のない国においては、政府が国民の意志や感情をコントロールする。 こちらがいかに「配慮」とやらをしたところで、相手の国の政府の思惑次第でなんと でもすることができる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も昔も、中国への過剰期待が諸悪の根源

日露戦争後、第二次世界大戦の終結までの間で、もっとも反省すべきことは何で あったか。なにがあの戦争をもたらしたのか。 それは、満州・中国の市場と資源を得れば、欧米に対抗して独自の文明圏を築く ことができると信じたことにある。 なるほど、経済のみに限っていえばそれでもいいかもしれないが、国家百年の大 計としては、あき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮を取り込め

北朝鮮を取り込め 中国と韓国の横暴を封じ込めるための手段として、北朝鮮を取り込む ことが有効であると思われる。 朝鮮民族に固有の嗜癖を考えれば、そう結論付けざるを得ない。 朝鮮人は中国に対して親近感を持っていると日本では思われているが、 歴史的に彼らは中国に対する敵対意識を持ち続けているのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僕が親日になった理由

☆ 書評 ☆ 「僕が親日になった理由」 Kim Jin 著 夏目書房 この本にいわく、 日本人だけが他と違う。 アジア人とも西洋人ともちがっている、のだそうな。 その典型的な例証として、友人と外食しようとするとき、日本人は 相手に対して「なにが食べたいか」と聞く。 だが、韓国人も他…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナショナルネットの提案

ナショナルネットの提案  インターネットは元々、冷戦化で敵の攻撃を受けても通信を確保する 為に考え出されたシステムだとか。 文字通り網のように張りめぐらされ、打たれ強いように思えるが、その 複雑さがウィルスやハッカーの進入を容易にしているという面もある。  まだパソコン通信があったころ、原稿をメールで送るときはパソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

凶暴なる民主主義

凶暴なる民主主義  民主主義国家が誕生しても、たいていの場合、すぐに独裁国家に 変貌してしまう。   第三世界の多くの国がそうなったし、イラクでの試みもまた、そのよ うになるであろう。  ヨーロッパの国々でさえ、スムーズに民主化が達成された例は少ない。 フランス革命後の混乱も、ドイツ社会民主党政権の迷走も、同列の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラクに御菓子を

 イラク支援について。  「戰後」といえば「ギブミー・チョコレート!」。なにかもの足りないと 思ったら、イラクからの映像にはそれがないようだ。  もっとも、暑い砂漠の国でチョコレートというわけにはいかないだろ うけれども。  イラクにはイラクのお菓子があるはず。イスラム教徒は基本的に大 の甘党だともいう。飲酒が禁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの核、北朝鮮の核

 アメリカが核を持っているのが許されて、北朝鮮やイラクには 許されない理由の考察。  金持ちが猟銃を持っていても、誰も怖がらない。  金持ちが猟銃で人を殺すようなことがあれば、彼の持つ社会 的信用は失われ、経済力も大幅に下落するから、この金持ちが 正気である限り、そんなことはするはずがないからである。  これに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮と中国

韓国再発見 アサヒグラフ文庫 あ 4 25 定価720円。  古本屋にて100円でGET。 民族世界地図 浅井信雄 著 新潮文庫 あ 40 1 362円。  これも、古本屋にて100円でGET。  この本のなかで、旧満州の中国内朝鮮人のことについてひとこと。  本のなかでは、日本による朝鮮の農地接収による貧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国・韓国に儒教なし

朝鮮に儒教なし これまで朝鮮に関する本を読んできて思ったこと であるが、朝鮮には儒教がない、あるいは、儒教 を曲解しているようである。 朝鮮人は自分達のことを「東方礼儀の国」と自画 自賛するけれども、なるほど儀礼は厳しいかもし れないが、「仁」に欠けるのではないだろうか。 孔子はいう。 仁のない儀礼は礼にあらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コタツの魅力

炬燵の魅力  炬燵の良さを理解できない外人は多いようだ。  なるほど、単に暖をとるというだけならば、セントラルヒー  ティングのほうが快適であるには違いない。  しかし、あれはデパートや地下街、あるいは会社の暖房  と同様、ただ暖かいというだけのことだ。  つまりそれは、寒さを忘れさせるためのものでしかない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府系 英語新聞をWEB上に

ニューヨークタイムズやワシントンポストの論調は、日本の新聞やTVで も紹介される。が、日本の論調がアメリカに紹介されることは希である。 これでは、アメリカ人には日本のことは永久に理解できまい。 アメリカを裸の王様にしないためにも、また、日本自身の発言力を高める ためにも、日本で行われている論調がどういうものであるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツ人について

「ドイツ 傷ついた風景」   足立 邦夫 著 講談社文庫 P 940  ナチスドイツの過去が戦後のドイツにどのような影をなげかけているか  をテーマびしたルポタージュ。  統一後までをカバーしている。    本書に登場するドイツ人たちの多くは、ナチスとドイツ人一般との区別  を強調するのだけれども、私の考え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の儒教、日本の儒教

韓国の儒教  韓国人はよく威張る、のだそうな。  「韓国人の客はキライ。威張り散らすんだもの」  日本に留学してレストランでバイトをしている韓国人女学生の声。  なぜに、こんなに威張るのか。  儒教の影響だというのである。  一瞬、ああそうか、と思ってしまうのが日本人特有の素直馬鹿というもの  だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウリと和と

韓国の「ウリ」 と日本の「和」  韓国民に告ぐ!   金文学 金明学 著 祥伝社 黄金文庫 289  読了しました。  「知日派の為の弁明」よりも古い本ではあるが、それ以上に過激な韓国  批判となっている。  そのなかで、面白い話をひとつ。  韓国人の少なからぬ人々は、韓国のほうが日本よりも大きいと錯覚し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

洗脳とは言論の自由がないこと

思想統制による洗脳  少し旧聞になるが、韓国が日韓関係について書かれた本を「有害指  定図書」にしたそうな。  なるほど、やはり韓国は言論の自由のない、思想統制の国家であった  のか。  そういえば、中国もまた、それ以上に自由な言論の許されない国である。  中国・韓国に対して、台湾の言論は、日本支配時代の批判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交とは国の名誉のためにある

外務省の体質  どうも、外務省の人間は、外交というものを理解しておらぬようだ。  外交とは、別の手段をもってする戦争であり政治である。  ところが、日本の外務省の職員というものは、外交とはナカヨシ・クラブの  ことだと思っているようだ。  相手との間に、波風を立てぬことを至上の目的としている。  外交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タルムード

タルムード   「ユダヤ5000年の智恵」によれば、ユダヤ人は激しい憎しみを抱け   ない人間なのだそうな。   ドイツ人を呪う訳でもないし、アラブ人を憎んでもいない。   しかし、TVが映し出すイスラエルのユダヤ人の姿は、ここで述べられ   ているようなものとは、あきらかに違う。   東西ドイツが統一したと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乙支文徳 異聞

乙支文徳 異聞   乙支文徳は女性だったのかもしれない。   だとすると、オスカル顔負け、巴御前も脱帽の女将軍である。    対抗できるのは、智の国の南天大将軍・独眼竜 政宗ぐらいか。                     (「銀河群雄伝 雷」より)   高句麗王の愛妾のひとり、ということにすれば辻褄があう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more