テーマ:教育

内向きな日本の若者

【増減するのは私費留学生の数】  また、日本から海外へ留学に行く若者が減ったのだそうな。  若者の「内向き志向」が強まっているのだそうで、このままでは  日本は沈没するのだそうな・・・ワハハハハっと、私の嫌う下品  な笑い声を使ってしまいたくなるほどの愚論である。  そもそも、「減ったり増えたりする留学生数」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なぜ人を殺してはいけないのか?

【良いか悪いかを問うのはなぜ?】 「なぜ人を殺してはいけないのか」という問いに対して、では なぜ、「いけないかどうか」を聞くのか、と問い返そうと思う。  なぜ、良いか悪いかを気にするのか?  もしも、やりたいようにやるのが正義であるならば、良いか 悪いかなどということは、気にする必要はないはずだ。  なの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習熟度別教育は、ゆとり教育と同じものだ

根っこは同じ、習熟度別と「ゆとり教育」 【哲学の問題】 「ゆとり」も習熟度別も、その根源となる教育哲学は同じもので しかない。それはつまり、教える内容を削ってでも、理解程度を 高めようという考え方である。 「ゆとり」においては、公教育のすべてが「内容低減」を迫られた が、習熟度別においては、理解の遅い者だけが、教…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

校庭の芝生化は地域の寄付金で

【校庭の芝生化】 橋下現府知事の提唱する、校庭の芝生化であるが、この問題 は、知事自身が言っているように、たぶんに個人的感傷の問題 であって、「公私の区別」で言えば、「私」である。 橋下氏の個人的な好みでしかない。 むろん、そのような個人的見解を府民に提示すること自体は 悪くない。自分が良いと思うことを、府民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学興隆 なすべきこと

★内容  【アメリカのガレージ】  エジソンが学校を退学して、母親の与えた実験設備で学習を  続けたことは有名であるが、アメリカ全般において、納屋や  ガレージから生まれた技術や産業は少なくない。  アップルやマイクロソフトも似たようなものだったではないか。  アメリカの創造性はガレージから生まれる、とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学興隆 なすべきこと

★内容  【アメリカのガレージ】  エジソンが学校を退学して、母親の与えた実験設備で学習を  続けたことは有名であるが、アメリカ全般において、納屋や  ガレージから生まれた技術や産業は少なくない。  アップルやマイクロソフトも似たようなものだったではないか。  アメリカの創造性はガレージから生まれる、とか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

科学教育衰退 本当の理由

★内容 【高校生が宇宙ロケットを作ると言ったら】  もしも高校生が、「将来、宇宙ロケットを作る博士になりたい」  と言い出したら、「高校生にもなって、子供みたいなことを!」  と呆れられるであろう。  ロケットを作りたい、などと真顔で言える高校生は、東大合格  を確実視される、ごく一部の高校生だけである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

探偵物語 いじめを解決

【いじめ問題の解決策】  朝、幼稚園に行くのを嫌がる子供と、それをなだめている  母親を見た。子供の様子からして、なにか幼稚園で問題が  あるのかもしれないと思えるほどの嫌がりようだった。  そのまま母親も一緒に行って、一日見学してみる必要があ  るのではないか、と思ったが、それは難しいだろうし、一  日では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

教師よ街へ出よ

★ 教師よ街に出よ 国歌斉唱の際、退出した教師の話を読んで、中学校の社会の教師のこ とを思いだした。 彼はシロウト目にもわかる偏向教育者であった。いわゆる「アカ」の 教師である。その彼が授業中に話してくれた似たような過去の事件が ある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歴史学と歴史哲学

歴史学と歴史哲学の違いについて   私の乏しい知識によれば、歴史学というものは法則を導き出して他の事象に当ては  めるということを目的とするのではなく、その時代・場所において起こった特定の  一回限りの事変について、解明・解釈を行う学問であったと思う。  つまりは、分析科学的なものであり、その成果を実験に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのいじめ問題対策

  アメリカでは、いじめをした側とその両親に対してカウンセリングをおこなうのだ  そうだ。(いじめられた側ではなく)  このやり方で日本のいじめ問題がすべて解消するとは思わないが、かなり有効な方  法であるとは思える。  というのは、日本では精神障害者に対する偏見が根強く、また、カウンセリングと  いう行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめと構造的ことなかれ主義

構造的ことなかれ主義   教師がことなかれ主義に陥る起因が、構造的なものであるならば、教師個人の力量  や職業意識の高さ等は意味を為さなくなる。  やる気があればあるほど、有能であればあるほど、ことなかれ主義的にならざるを  えないからである。 【和と改革】  注意深く生徒達を観察して、いじ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いじめ問題について

いじめ・虚勢された闘争心  古今東西、いじめに対する特効薬は、いじめられている側が強くなることだけでは  ないだろうか。たしかロッキーの息子もボクシングを学んでいじめっこを負かした  のであった。  社会が、おとなが、教師がどうのといったところで、実際の現場において効力を発  揮するものは、その生徒自身の腕力と勇気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読み書きソロバン

読み書きソロバン 教育問題を論じるとき、「読み書きソロバン」を、とかいうセンセイ方が少なく ない。 一方で、「馬鹿の壁」のセンセイは、読み書きの後は、ソロバンではなくて、 道徳とかであるべきだ、とのたまう。 だが、「読み書きソロバン」が重視されたその昔には、「読み書きソロバン」と 道徳とはワンセットであった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育 5

シリーズ教育 5 学問・研究のための教育 最後に、学問・研究のための教育というものがある。 職業上の知識・技術を身につける為の教育よりも、さらに深く幅広い カリキュラムを用意する必要がある。 なにかを勉強したいと思ったとき、その対象について深く知るための基礎講座、 より焦点を絞った専門の講座、さらに先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育 4

シリーズ 教育 4 【技術・知識習得のための教育】 知識を技術を習得して、より高い収入や技量を得ることを目指す人のための 教育である。 国家としては、このような高度な能力を持った人間が増えることは歓迎する べきものであり、そのことによって経済的にも文化的にも発展を期待できる。 ひとり高度技術者の生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育 3

生活の為の教育 社会生活を送るために必要な教育、いわゆる「読み書きソロバン」である。 しかし、現代社会においては、その知識量は単純な「読み書きソロバン」では すまされない。 少なくとも、新聞に載っている物事の意味を把握できるぐらいの基礎知識を習得 させなければ、生活に必要な知識を与えたとは言えない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育 2

シリーズ 教育 2 【道徳教育】 人はいかに生きるべきか。 それを教えるのが道徳教育である。 しかし、考えてみればこれほど難しいものはない。なにが人として正しいのか 本当のところは誰にも分らないのであるから。 ゆえにこそ、宗教というものがある。神仏による教えを持ち出して、正しさの 根拠にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育 1

シリーズ 教育 その1 一久 ★内容 【分割して考える】 「群盲、像を撫でる」という。 細かく分断して考えるよりも、ひと目見たほうが 確かであるということを言っているのであろう。 しかし、科学は「群盲像を撫でる」でなければならない。 なるほど、ひと目「像」を見れば、誰もが像とはこんなものかと納得いく。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シリーズ教育

教育は国の大事なり。 国が興隆するも貧窮するも、国民の労働と判断に負っているのが民主主義社会 というものである以上、国民の教育こそが国家盛衰最大の因であると知らねば ならない。 福沢諭吉いわく、天は人の上に人を作らず、しかれども、学ぶと学ばざるによ りて貧富・潔卑の差、無限に大なり、と。 アダムスミスいわく、国富…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東大付属高校を作れ

東大付属高校の設置を 大学も特殊法人とかになって、少しは自由な経営ができるように なったそうな。 そこで、提案。 東大・京大のような特権的大学は、それぞれ付属高校を経営する ことが望ましい。 昔の一高・三高のように、である。いや、完全な付属高校である から、それ以上に深い関係の高校となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

義務教育期間の変更 幼稚園から高校まで

義務教育の年限変更 1、 幼稚園から義務教育とする 2、 高校を義務教育とする これによって義務教育期間は、三才から18才までの15年間となる。 実社会の多くに企業が高卒以上の学歴を要求しているのであるから、 義務教育もこれに合わせたものであるべきものであることは明白。 家庭に幼児基礎教育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三回目の成人式を

成人式をまともにする方策を考えた。 二度目、三度目、四度目と、二十年ごとに成人式をすればよい。 四十歳のひと、六十歳のひと、八十歳のひと、百歳のひと、百二十歳のひと。 みんな招いて成人式をすればよい。 当然、付き添いのひとも増える。 行事としての規模も拡大する。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新 ・ 徴兵制 論

徴兵制の代わり  政府は徴兵制の復活を狙っているぞ、と煽動する者もいれば、 最近の若者の性根を叩き直すために徴兵制を、という酔っぱら いもいる。  冗談ではない。  徴兵制などを採用すれば、自衛隊の士気が低下してしまうでは ないか。 志願制であればこそ、高いモラールを保てるのだ。 ましてや、この近代兵器の時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私立高校の経営感覚

私学の経営戦略  私学の受験者も入学者も減って、困ったので、進学指導を 強化して受験者集めにも精を出すようになったのだそうな。 TVの番組でやっていたのだが、はて、あいかわらず高校教師 の頭の中身は変わっておらぬようだ。  彼らは、あいも変わらず、進学コースを作って難関大学受験 者を教え、習熟度別クラスを作ってレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大検とセンター試験の廃止を

 【大学受験資格の改定】 朝鮮学校の関係者が、日本の大学受験資格を卒業生に与えるよう に陳情した、とかいう新聞記事を読んだ。 これに対する私の意見は、高校を卒業しただけで、大学受験資格を与 えられること自体がおかしい、というものだ。 高校卒業と、大学受験は、本来なんの関係もない。すべての高校卒業 者から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衣食足りて礼節を知る

衣食足りて礼節を知る   管仲の有名な言葉であるが、管仲の生きた時代というのは、  食料が財産になるような時代であった。   アダムスミスによると、そういう昔の領主や金持ちは、民衆に  食料を分け与えるという手段以外に、彼らの蓄積した財産を使  う手段を持っていなかった。  それゆえに、饗宴を開いて大衆を招き、飲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポストゆとりの教育

ポスト ゆとりの教育 早くも「ゆとりの教育」への批判が出ているが、ゆ とりもダメ、詰め込み教育もダメ、ということに なれば、どうすればいいのかということになる。 だが私に言わせれば簡単なことだ。 これからは「自由と責任の教育」でいくべきだ。 ここでいう責任とは、成果主義のことで、つまり は、国家試験による学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山家の勉強法

鳩山家の勉強法  鳩山家は代々、東大に何人も合格しているのだそうな。  その勉強法について書いた本がたしか出版されたことがある。  ちょっとだけ立ち読みしたような記憶があるが、そこにはこんなことが  書いてあった。  たとえば、数学の場合、問題集の解答を読んでから問題を解く、という  のだ。  なるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裸の教授

TVの番組で、どっかの大学の先生が、最近の新入生は一年 ごとにアホになっている、とか言っていた。 そういうこともあるかもしれないが、その反対もまた真ではなかろうか。 つまり、学生がアホになっているのではなくて、教授が年々馬 鹿にされていっているのだ、と。 自分が馬鹿にしている教授の講義においては、学生たちの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more