政党とはなにかを再考せねばならない


 政党とは、「たとえ意見は違っても、この人たちとなら実りある対話ができる」
 と認め合った人々の集まりのことである。

 一般の辞書にあるような、共通の理念を持った云々というのは、政治団体の
 定義であって、政党のそれではない。

 政党に共通の理念があらねばならないとしたら、上のような「信頼関係」のことだ。

 個々の利害得失ではなく、正しきを求めて議論する人々の集まりということである。

 大物議員が反対意見をしばしば公言する自民党はマシであり、ブツブツ言うだけの
 民主党には政党たる能力がない。

 かつて社会党の村山首相は「社会党には色々な意見の持ち主がいる。だから
 政党内民主主義がある」と言った。

 だが、社会党にはそれらの意見が真摯に討議する場は無かった。

 少なからぬ党員が、非武装中立だの安保廃棄だのを非現実的だと思っていたであろう
 が、それを社会党内部で公に討議した様子はない。

 民主党もまた、同様である。

 もっとも、自民党の政党内民主主義を評して、マスコミはいつも「党内不和」「不協和音」と
 揶揄するのだが。マスコミ自身が、政党無い民主主義を破壊しようとしているのだ。

 それはつまり、日本の民主主義を壊滅させるということと同義なのだが・・・

 政党内民主主義こそが民主主義のすべてである。

 ところが、政治家も識者もマスコミも、これを破壊する行為しか行わない。困ったモンである。