問題は小沢さんにあるのではない


【相互批判ができるかどうかが肝心】

 問題は、小沢さんにあるのではない。

 小沢さんの抱えている問題を、菅氏が公の討論の場で追及できる
 かどうか、逆に、小沢さんが菅氏の政権運営を同様に批判できる
 かどうか(批判する必要が無いなら立候補する必要もないから)
 である。

 民主党という政党が、その党内に民主主義を持っているかどうか
 という問題なのである。

 アメリカ大統領予備選を見よ。

 あのような激しい批判合戦と、反論があってこその民主主義なのだ。

 どっちが勝っても、負けたほうの勢力によって、政権内部からの
 批判と検証が保証されるということを、あの舌戦は意味している。
 これこそが民主主義の根幹なのである。