民主主義なき政党の末路 >民主党


【民主主義ではない民主党】

 民主党の政権運営が、このような事態になるということは、まともな大人
 ならば、皆が知っていたことである。あの、2009年の衆議院選挙以前
 において。

 そして、民主党がこのように政権担当能力を持っていない真の原因は、
 党中央に対して批判を行えないという政党の体質、すなわち、政党内民主
 主義の欠落にある。

 そして、そうなってしまった原因は、鳩山氏の膨大な政治資金と、小沢氏
 の選挙対策の手腕である。

 この”実力者”二人に逆らって意見を述べることは、誰にもできなくなって
 しまった。

 政権交代の為には、言論の自由を捨て、党内での議論を避け、自浄能力を
 捨て去ることが求められたのである。

 これはもはや、民主主義の政党ではない。

 民主主義の政党ではないから、政権をとった後、党内から批判を受けて公約を
 再検討するという作業ができない。鳩山首相が無能なのではなくて、彼に本気
 で議論を吹っかけることができる状態になっていないということが問題なのだ。

 民主主義が党内に存在しないということは、そういうことなのである。

 党内に厳しい論客がいてこそ、党の政策も、よりまともなものになる。それが、
 それこそが、民主主義というものの利点なのだから。