労働なき富


【鳩山語の翻訳】

 「労働なき富」という鳩山語を、日本語に翻訳するとこうなる。

 親や祖父から贈与された金銭は、労働なき富ではない。
 マネーゲームで稼いだ金銭は、労働なき富である。

 たとえ、マネーゲームのプレーヤーが、夜寝る暇を惜しんで海外のマーケット
 を注視していようとも、リスクを冒して株を売買していようとも、その労力は
 いっさい考慮されない。

 一方、ただその家に生まれてきただけで得る金銭は、既得権であり、他人に
 非難されるものではない。

 ・・・・・・と、いうところだろうか。

 _______________________________________________

 ぶっちゃけて言えば、金持ちのボンボンは真似できない。だから、国民の労働
 意欲を削ぐことはない。

 一方、マネーゲームは誰でも出来る。ゆえに、それが盛んになれば、実業につ
 く人間が減るかもしれない。

 鳩山氏の言う「労働なき富」の問題点は、そういうことだろう。

 つまりは、金持ちが貧乏人に、働け、考えるな!、と言っているのである。