2009年は、日本の民主主義が自殺した年

【喪中】


【2009年は、日本の民主主義が自殺した年】

 来年の参議院選挙はどうなるか・・

 来年の参議院選挙において、現与党を過半数割れに追い込み、民主主義復権
 の足がかりとすることができるかどうか。

 それとも、小沢氏の言うように、民主党が参議院でも安定多数を制して、
 日本の民主主義は完全に死滅するのであろうか。

 なんどでも言うが、民主主義を担保するものは民主主義の政党である。

 どの政党がより良い民主主義を内包しているか、という視点によって選挙さ
 れなければ、民主主義は一瞬たりとも生存することはできない。

 では、なにゆえに民主主義かといえば、民主主義ももとにしか、言論の自由
 は無いからである。啓蒙君主制といえども、そこでの自由とは、名君からあ
 たえられた不自由な自由にすぎない。

 ではなぜ、言論の自由があらねばならないのか?

 それは、検証の為である。自由に批判が出来てこそ、様々な物事を検証する
 ことができる。

 いかなる知識人といえども、完璧ではない。選良も識者も、愚昧な見解に盲
 従することはあり得る。正しい意見や発見を、妄言・妄想扱いして葬ったこ
 とも過去にしばしばあった。

 これを防ぐ唯一の手段が、言論の自由による検証である。

 誰でもが発言できる状況でないならば、真の賢者の言もまた、陳腐な権威者
 達の無理解によって葬られることになるからだ。





「民主主義」を疑え!
楽天ブックス
著者:徳岡孝夫出版社:新潮社サイズ:単行本ページ数:223p発行年月:2008年02月この著者の新着

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

変貌する民主主義
楽天ブックス
ちくま新書 著者:森政稔出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:267p発行年月:2008年05月この

楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る