マニフェスト 国防問題


【 文明をよりどころとして勝つ 】

 そもそも、戦争は政治の延長であり、戦争以前に政治決着
 させることを理想とする。

 が、国防は相手の意図に対してするものではなく、相手の
 戦力に対して成されるべきものである。ゆえに、軍備のこ
 とを語らぬ訳にはいかない。

 
【日本が頼るべきは、文明力しかない】

 戦前の日本軍とは違って、今の日本が優位なものは、工業力
 とそれを支える社会システムであり、つまりは文明力である。

 ゆえに、どこよりも優れた兵器を多数所持することによって
 国防を完遂する以外に、日本の防衛はありえない。

 アメリカのミサイル防衛システム開発に乗っかるだけではなく、
 どんな短距離からいかなる高速ミサイルが飛来したとしても確
 実に打ち落とせる、対空システムの研究開発・配備を急がねば
 ならない。

 新型戦闘機をアメリカが売らないというのであれば、国産機を
 作らねばならない。この場合、エンジンを自主開発すること無
 しに実現は不可能である。

 エンジンはアメリカに頼っていながら、機体は国産でやります、
 では、アメリカから横槍が入るのは当然ではないか。そんなら
 エンジン売ってやらん、と脅されるのがオチだろう。

 ロボット兵器、光線銃、その他、あらゆる可能性を追求する必
 要がある。

 兵器だけではなく、システム自体の見直しも必要であろう。

 この際、防衛専門家ではなく、数学者やエンジニアに見直させ
 ればどうか。数学的・システム工学的に検討するのだ。