マニフェスト雑多1 全道路有料化


【 雑多なもの 】

 年金だの消費税だの、高速道路無料化だの、そういうものは、雑多な
 ものとして取り扱ってよい。

 なぜならば、そんな問題は、実際に着手してみなければ本当のところ
 は誰にもわかるものではないからだ。

 そのようなものを、マニフェストの代表のように取り扱っている他の
 政党や、マスコミの対応は、噴飯ものである。

 しかし、それに付き合って、すこしばかり私見を述べておこう。

 だが、これらの政策は、上に述べたように、どう変わるか分からない
 ものである。ただ、傾向として、こんなのもいいかなぁ、という程度
 のものでしかない。



【 全道路有料化 】


 高速道路に限らず、すべての道路を有料化する。

 すべての動力付き車両に、管制機器の搭載を義務付け、これによって
 走行距離に応じた道路使用量を徴収する。

 この管制機器の反応が無い車両は、盗難車もしくは違法所持車両であ
 るとして処分する。

 全車両の走行記録が残ることになるので、車両を使っての犯罪は、事
 実上不可能となるだろう。

 道路使用量は後日支払いなので、保護産業・低所得者・社会的に必要
 な職種等に対する優遇処置もとりやすい。

 高速度緒路を含めた料金所も不必要となる。