SIG市民の討論広場(JSIMIN)

アクセスカウンタ

zoom RSS 参議院の任期を四年にせよ

<<   作成日時 : 2008/01/20 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


【 参議院が暴走している 】

 参議院は本来、衆議院の暴走を止めることをその使命として
 いたはずであるが、現在では参議院こそが暴走している。

 衆議院には解散という、暴走に対するもうひとつの制御手段
 があるが、参議院にはそれがない。また、任期が六年という
 長大な期間であることが問題の源となっている。


【 解散の有無 】

 解散のない議会にも、それなりに意味はある。解散権それ自体
 もまた暴走する恐れがあるからだ。

 ゆえに、解散がなく、定期に選挙をするというただそれだけの
 ことで、参議院には存在価値があるといえる。

 しかしながら、ゆえにこそ、参議院が暴走する危険がある。

 解散が無いということは、たとえ国民が一時の怒りや感情で
 行き過ぎた投票をしたとしても、任期期間中はどうにもでき
 ないということを意味しているからだ。

 これは、解散の乱用以上に、危険な状況であるといえる。

 にも関わらず、参議院の任期が衆議院よりも長い六年間となって
 いるのは、「良識の府」という幻想を信じた結果にすぎない。

 もはや、参議院は良識の府などではなく、衆議院同様に数の力
 が支配する「普通の政局の場」でしかないことは明らかなので
 あるから、それに対応した制度に変える必要がある。


【 参議院の任期は衆議院以下でなければならない 】

 解散の無い参議院は、衆議院の任期よりも短いものでなければ
 ならない。そうでないと、必ず硬直化するからである。

 一時の感情がもたらした勢力分布が、長期に渡って国政を壟断
 することになってしまうからだ。

 長くても、衆議院と同様に、四年を任期とすることが望ましい。
 半数ごとの改選によって、二年に一度は参議院選挙を行うこと
 になる。

 これならば、たとえば今の「ねじれ国会」であっても、来年に
 は次の参議院選挙が行われ、解消される可能性が出てくる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
参議院の任期を四年にせよ SIG市民の討論広場(JSIMIN)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる