よしりん と 勝一

 【小林よしのり】

 オルティガの大衆の反逆を読んでいて思い出したのは、小林よしのりのことだった。

 小林よしのり、と聞けば、それだけで感情的な批判をする人が多い。ちょっとでも
左よりの人々は、盲目的に突っかかっていくようだ。

 ところで、同じような立場にあった人が一人いる。

 本田勝一である。

 ちょっとでも右よりの人は、「本田はアカだ」とばかりに噛み着いたものである。

 それでは、本田勝一は小林よしのりに対して、どういう態度をとるのであろうか?

 やはり、凡百の評論家もどきと同じように、盲目的に非難するのであろうか?

 この問に対する答えは、すでにでている。

 ずいぶん以前の「ゴーマニズム宣言」に載っていたのだ。

 なんと、本田勝一は、小林よしのりの事務所を訪れて話し合っているのである。

 ゴーマニズム宣言を読みもせずに小林よしのりを論難するような人々が多い中で、
「アカ」と呼ばれる本田勝一はそのような軽率な行動をせず、自身、本人から話を聞
きにあらわれたのである。

 本田勝一とその他の評論家・素人評者との、なんと大きな人格の差であることか。
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0