村上さんは悪くない。悪いのは無能な評論家だ

【悪いのは村上隆ではない】

 ずいぶん以前、東京現代美術館の村上隆展のことをあれこれ言っている掲示板
があった。

「すごい」という少数の人と、「へっ、あんなもん」という人達。

 私もこの展覧会を見たけれども、そう、もしもあのいわゆるアニメ・オタク系のデザ
インを村上氏ひとりのアイディアによるものだと思うのであれば、すごいと思わざるを
得ないのであろう。

しかし、この手のデザインは、この種のオタク系作家ならばプロ・アマを問わず誰でも
創作できるものだ。いわゆるロリコン・エロ漫画の作者ならば、もっとすごいものを簡
単に作ってしまうであろう。

 つまり、村上隆の個性がすごいのではなくて、彼の属しているオタク系統の画風が物
珍しく写っているにすぎないのである。

 印象派というのはあっても、評価されるのは印象派の画家個人の個性である。もしも
誰が書いても印象派なら似たようなものだったとしたら、印象派の画家達を評価するこ
とはできまい。

 残念ながら、村上氏の作品には、そういう個人としての個性を感じることができない。

誰か他の人の作品を持ってきて、「村上隆のだ」と言えば、多くの人は納得してしまう
のではないだろうか。

 だが、悪いのは、村上氏ではない。彼を評価する評論家諸氏の無能にこそ問題が
あるのだ。

 困ったことに、権威とか上流階級とかいう人ほど、マンガやアニメを見ない。ゆえに
彼らには、その作品が村上氏の個性なのか、マンガ・アニメ派(?)の共通の技巧な
のか、分別がつかないのだ。

 いわば、彼らは、印象派の絵はみんなルノアールだ、と言っているようなもの。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0