SIG市民の討論広場(JSIMIN)

アクセスカウンタ

zoom RSS 選挙とは民主主義の自殺装置である

<<   作成日時 : 2008/04/29 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


【民主主義は自殺機能を持つ】

民主主義の最大の特徴は、自殺機能を持っているという点
にある。

それは何かと言うと、選挙である。選挙こそは、民主主義
が自殺する為の装置である。

民主主義が自殺しようと思えば、選挙において政党内民主
主義を持っていない政党に勝たせればよい。

ナチスドイツがそうであったように、2007年の参議院
選挙の結果、民主党が参議院を占拠したように、選挙によ
って民主主義は自殺することができる。

(今現在、日本が民主主義で有り得るのは、小泉郵政解散
時に得た衆議院2/3議席確保という大勝の遺産によってで
ある。次の衆議院選挙で、この優位を失うことになれば、
日本の民主主義は完全に死滅する)

そう、民主主義とは、民主主義の政党が選挙に勝った場合
だけを意味するのである。

選挙の結果、民主主義を政党内で体現していない政党が勝
った場合、もはやその国は民主主義国家ではない。

逆にいえば、政党内民主主義が確立している政党であれば、
どの政党が政権を取ったとしても、国民には痛切はない。

なぜならば、党の首脳が馬鹿なことをやろうとしても、そ
の政党内部においてこそ、最も激しい批判を受けることに
なるのだから。

政党内民主主義とはそういうことであり、そのような政党
以外の政党に票を入れることは、民主主義なんかいらない、
と言っているのと同じことなのだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
選挙とは民主主義の自殺装置である SIG市民の討論広場(JSIMIN)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる